ホーム > 市政情報 > 広聴 > 意見募集(パブリック・コメント) > 多治見市骨髄等ドナー支援事業助成金交付要綱の制定について

ここから本文です。

更新日:2020年12月12日

多治見市骨髄等ドナー支援事業助成金交付要綱の制定について

ご意見はありませんでした。ありがとうございました。

皆さまの意見(パブリック・コメント)を募集します。

案件名

多治見市骨髄等ドナー支援事業助成金交付要綱の制定について

募集期間

令和2年11月11日(水曜日)~令和2年12月11日(金曜日)

提出・問い合わせ

〒507-8787多治見市音羽町1丁目233番地駅北庁舎
電話:0572-23-5025(直通)0572-22-1111(内線2362)
ファクス:0572-25-8866
メール:hosen@city.tajimi.lg.jp
担当:多治見市役所市民健康部保健センター
地域医療グループ

概要

趣旨、背景、目的、効果など

【趣旨】

公益財団法人日本骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業における骨髄等の移植及び骨髄等の提供者の登録を推進するため、骨髄等を提供した者(ドナー)及び当該ドナーを雇用している事業所に対して助成金を交付する制度を創設します。

【助成対象者】

1助成金の交付の対象となる者は、次の各号のいずれにも該当するもの。

(1)骨髄等の提供が完了した日に本市の住民基本台帳に記録されている者

(2)日本骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業において、骨髄等を提供した者

(3)本市以外の地方公共団体、民間の団体等から同種の助成を受けていない者

(4)本市における市税、国民健康保険料、後期高齢者医療保険料、介護保険料、市営住宅使用料、水道料金、下水道使用料、下水道事業受益者負担金、し尿処理手数料又は農業集落排水処理施設使用料を滞納していない者

2助成金の交付の対象となる雇用事業所は、ドナーを雇用する事業所。

【助成内容】

1ドナー助成金

骨髄等の採取のための通院又は入院の日数に2万円を乗じて得た額(上限14万円)

2雇用事業所助成金

ドナーの通院又は入院の日数に1万円を乗じて得た額(上限7万円)

医療機関での骨髄等の採取が完了し、当該医療機関を退院した日の翌日から起算して3月以内に申請すること。

【施行時期】

令和3年1月1日施行予定

募集方法

  • 窓口への書面の提出
  • 郵便
  • ファクシミリ
  • 電子メール(タイトルを「パブコメ・ドナー支援事業」としてください。)

【参考様式】

意見の取り扱い

お寄せいただいたご意見は、整理したうえで公表いたします。ただし、個々のご意見には直接回答はいたしませんので、あらかじめご了承ください。また、情報公開請求があった際、個人が特定できる部分を除き、公開の対象となります。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健センター地域医療グループ

〒507-8787 音羽町1丁目233番地

電話:0572-23-5025(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:2362

ファクス:0572-25-8866

メール:hosen@city.tajimi.lg.jp