ホーム > 市政情報 > 広聴 > 意見募集(パブリック・コメント) > 多治見市小児がん患者ワクチン再接種費用補助金交付要綱

ここから本文です。

更新日:2020年11月11日

多治見市小児がん患者ワクチン再接種費用補助金交付要綱

 

皆さまの意見を募集(パブリック・コメント)します。

案件名

多治見市小児がん患者ワクチン再接種費用補助金交付について
募集期間

令和2年11月11日(水曜日)~令和2年12月11日(金曜日)

提出・問い合わせ

〒507-8787多治見市音羽町1-233
電話:0572-23-6187(直通)0572-22-1111内線2375ファクス:0572-25-8866
メール:hosen@city.tajimi.lg.jp
担当:多治見市役所市民健康部保健センター

概要

造血幹細胞の移植手術により、接種済みの定期予防接種(以下「定期接種」という。)で得た免疫が低下または消失したと医師に判断された者が、任意で再度の予防接種(以下「再接種」という。)を受けた場合の接種費用を助成することで、対象者の経済的負担を軽減するとともに、感染症の発生とまん延防止を目的とします。

1.助成対象者:次の要件を全て満たす方

  • 造血幹細胞の移植により、予防接種法(昭和23年法律第68号)第2条第2項各号に掲げる疾病に係る定期接種で得た免疫が低下または消失したため、再接種が必要と医師に判断されていること。
  • 再接種を受ける日及び本補助金申請をする日の両日において、多治見市に住所を有すること。
  • 接種済みの定期予防接種の接種回数および接種間隔が、予防接種実施規則(昭和33年厚生省令第27号)に規定によるものであること。
  • 接種時点で、年齢が20歳未満であること。

2.助成内容:次の要件を全て満たす予防接種

  • 法第2条第2項に規定するA類疾病に係るもの。
  • 予防接種実施規則(昭和33年厚生省令第27号)に規定するワクチンであること。

3.助成費用:再接種に要した費用または当該年度における本市の同一予防接種の委託料の単価のいずれか低い額。

4.助成対象期間:平成31年4月1日以降に接種した予防接種で、申請日が接種日から2年以内。

募集方法

表題を「パブコメ・ワクチン再接種」としてください。

  • 窓口への書面の提出
  • 郵便(募集期間内に必着)
  • ファクシミリ
  • 電子メール

電話・口頭によるご意見は受付いたしません。

【参考様式】

ご意見記入参考様式(PDF:48KB)

ご意見記入参考様式(ワード:37KB)

意見の取り扱い

お寄せいただいたご意見は、整理したうえで公表いたします。ただし、個々のご意見には直接回答はいたしませんので、あらかじめご了承ください。また、情報公開請求があった際、個人が特定できる部分を除き、公開の対象となります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健センター

電話:0572-23-6187(直通)0572-22-1111(代表)

内線:2375

ファクス:0572-25-8866

メール:hosen@city.tajimi.lg.jp