ホーム > 市政情報 > 広聴 > 意見募集(パブリック・コメント) > 多治見市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の特例に関する条例の制定について

ここから本文です。

更新日:2019年2月15日

多治見市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の特例に関する条例の制定について

ご意見はありませんでした。ありがとうございました。

皆さまの意見を募集(パブリック・コメント)します。

案件名

多治見市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の特例に関する条例の制定について

募集期間

平成28年1月21日(木曜日)~平成28年2月20日(土曜日)

提出・問い合わせ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1111(内線1522)

0572-22-9899(直通)

ファクス:0572-25-6437

メール:g-jimu@city.tajimi.lg.jp

担当:多治見市議会事務局 山田

概要

議員報酬は、基本的に役務の対価と考えられていますが、疾病その他の理由により長期間市議会の会議を欠席した議員が議員報酬や期末手当を辞退又は返還することは、公職選挙法に規定される寄附行為に該当するため、禁止されています。また、このような場合において、議員報酬の支給のあり方等について規定する法令もありません。

そこで、市議会の会議を欠席した期間に応じ、議員報酬及び期末手当を減額する旨の条例を制定するものです。

具体的には、市議会定例会及び臨時会の会議や委員会の会議等を疾病その他の理由により91日以上欠席した場合、その翌月分から議員報酬を減額するもので、その減額割合は欠席期間に応じて次のとおりとします。

長期欠席期間

減額割合

90日を超え180日以下であるとき

100分の20

180日を超え365日以下であるとき

100分の50

365日を超えるとき

100分の100

また、期末手当についても、基準日(6月1日、12月1日)の6月前の期間において議員報酬が減額された月がある場合は、その減額割合に応じて減額します。

なお、施行日は、平成28年4月1日です。

資料

根拠法令、条例など

  • 多治見市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例(昭和52年条例第2号)

募集方法

  • 窓口(多治見市議会事務局)への書面の提出
  • 郵便
  • ファクシミリ
  • 電子メール

電話、口頭による意見の提出は、ご遠慮ください。

【参考様式】

ご意見記入参考様式(PDF:48KB)

ご意見記入参考様式(ワード:37KB)

意見の取り扱い

お寄せいただいたご意見は、整理したうえで公表いたします。ただし、個々のご意見には直接回答はいたしませんので、あらかじめご了承ください。また、情報公開請求があった際、個人が特定できる部分を除き、公開の対象となります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

議会事務局議会グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-9899(直通)または0572-22-1111(代表)

ファクス:0572-25-6437

メール:g-jimu@city.tajimi.lg.jp