ホーム > 市政情報 > 広聴 > 意見募集(パブリック・コメント) > 各種障害者向け助成制度の見直しについて

ここから本文です。

更新日:2018年10月29日

 

各種障害者向け助成制度の見直しについて

 意見募集(パブリックコメント)は終了しました。

 ご意見はありませんでした。ありがとうございました。

皆さまの意見を募集(パブリック・コメント)します。

 

案件名

 

各種障害者向け助成制度の見直しについて

 

募集期間

平成30年9月26日(水曜日)~平成30年10月26日(金曜日)

提出・問い合わせ

〒507-8787 多治見市音羽町1丁目233番地
電話:0572-22-1111 内線2219

ファクス:0572-24-1621
メール:fukusi2@city.tajimi.lg.jp
担当:多治見市役所 福祉部 福祉課 障がい者支援グループ

概要

1.運転免許取得費の助成(障害者自動車運転免許取得助成事業)について見直します。

  • 将来にわたる財源を確保するため、障がいのある低所得の方の社会参加を促進する事業へ転換します。
  • 所得制限を導入し、障がい者及び同一世帯の方が市民税所得割非課税の方を対象とします。

2.自動車改造費の助成(身体障害者用自動車改造費助成事業)について見直します。

3.就労支援事業の自己負担助成(障害者就労支援利用促進事業)について見直します。

  • 就労継続支援等の訓練等給付の自己負担は、平成24年度から所得に応じて自己負担をすることとなり、ほとんどの方が負担上限月額0円となっており、制度が役割を終えたため廃止します。
  • 失業等で収入が激減した方には「介護給付費の額の特例」で対応します。 

4.就労支援事業所への通所交通費助成(知的障害者交通費助成事業)(精神障害者小規模事業所等交通費助成事業)について見直します。

  • 身体障がい者及び難病患者を含む、すべての障がいに対象を拡大し、就労支援事業所に通うための鉄道及びバスの運賃を助成することで、障がいのある低所得の方の就労を支援する制度へ転換します。
  • 将来にわたる財源を確保するため、所得制限を導入し、障がい者及び同一世帯の方が市民税非課税の方のみを対象とします。また、助成率を5割に統一します。 

根拠条例、規則など

  • 多治見市障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための条例
  • 多治見市障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための条例施行規則
  • 多治見市精神障害者小規模作業所等交通費助成事業実施規則
  • 多治見市在宅知的障害者交通費助成事業実施規則
  • 多治見市障害者就労支援利用促進事業実施要綱

募集方法

  • 窓口への書面の提出
  • 郵便
  • ファクシミリ
  • 電子メール

 【参考様式】

ご意見記入参考様式(PDF:48KB) ご意見記入参考様式(ワード:37KB)

意見の取り扱い

お寄せいただいたご意見は、整理したうえで公表いたします。ただし、個々のご意見には直接回答はいたしませんので、あらかじめご了承ください。また、情報公開請求があった際、個人が特定できる部分を除き、公開の対象となります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉課障がい者支援グループ

〒507-8787 音羽町1丁目233番地

電話:0572-23-5812(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:2219

ファクス:0572-24-1621

メール:fukusi2@city.tajimi.lg.jp