ホーム > 市政情報 > 広聴 > 意見募集(パブリック・コメント) > 令和元年度パブリック・コメント終了一覧 > 子ども食堂の開催における公民館の使用料減免について

ここから本文です。

更新日:2020年2月19日

子ども食堂の開催における公民館の使用料減免について

意見募集(パブリック・コメント)は終了しました。

令和2(2020)年1月15日から令和2(2020)年2月14日まで意見募集(パブリック・コメント)を行い、1人から1件のご意見をいただきました。

いただいたご意見の要旨と市の考え方(PDF:90KB)

 

案件名

 

子ども食堂の開催における公民館の使用料減免について
募集期間

令和2(2020)年1月15日(水曜日)~令和2(2020)年2月14日(金曜日)

提出・問い合わせ

〒507-8703多治見市日ノ出町2丁目15番地
電話:0572-22-1111内線1134
ファクス:0572-25-6213
メール:bunka-sports@city.tajimi.lg.jp
担当:多治見市役所環境文化部文化スポーツ課・佐藤

概要

子ども食堂開催時における公民館使用料について、公の施設等の使用料及び利用料金減免取扱規則を改正し、5割減免とするもの。

内容

(1)多治見市公の施設等の使用料及び利用料金減免取扱規則別表第8の5割減免団体名の表に「子ども食堂運営団体(市長が認めた団体に限る。)」を加える。

(2)減免対象とする団体は、「多治見市子ども食堂運営等支援補助金交付要綱の所定要件を満たす団体」とする。

(3)子ども食堂開催時の専用使用料のみ減免対象とし、冷暖房使用料は実費徴収する。

減免する理由

子ども食堂は、以下のとおりの経済的・社会的弱者への社会参画支援を行っているため。

(1)支援を必要とする子どもたちを含む様々な子どもたちに対し、食育や貴重な団らん、地域における居場所づくりの機会を提供している。

(2)子どもたちに限らず、高齢者、障がい者等、他の地域住民も含めた地域の交流拠点を設けようとするものである。

【参考】≪公の施設等の使用料及び利用料金減免の見直し統一基準≫

1

公共性が高い活動をしている団体・特別に市長が進める政策に関する活動をしている団体

全額減免(公民館)

5割減免(公民館以外)

2

経済的・社会的弱者への社会参画支援

5割減免

3

その他特定の政策の推進(文化スポーツ振興)

5割減免

4

産業関係団体のうち、公共性のある団体

3割減免

(平成25年11月25日政策決定)

背景

(1)複数の団体から使用料減免の要望があった。

(2)国は、子ども食堂の活動に関する連携・協力の推進を福祉関係者、教育関係者に対して促すなど、活動の発展を求めている。

(3)平成30年度から市内で「子ども食堂」を運営する団体を支援するため、補助金交付要綱を創設した。

募集方法

  • 窓口への書面の提出
  • 郵便
  • ファクシミリ
  • 電子メール

【参考様式】

意見の取り扱い

お寄せいただいたご意見は、整理したうえで公表いたします。ただし、個々のご意見には直接回答はいたしませんので、あらかじめご了承ください。また、情報公開請求があった際、個人が特定できる部分を除き、公開の対象となります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化スポーツ課文化振興グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1193(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1134・1135

ファクス:0572-25-6213

メール:bunka-sports@city.tajimi.lg.jp