ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 無人航空機(ドローン、ラジコン等)の飛行について

ここから本文です。

更新日:2016年8月18日

無人航空機(ドローン、ラジコン等)の飛行について

はじめに

平成27年9月に航空法の一部が改正され、平成27年12月10日からドローンやラジコン等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されることとなりました。

また、岐阜県や多治見市でも、地域に合わせた独自のルール作りが進んでいます。

このページでは多治見市内においてドローンやラジコン等を飛行させる際に役立つ情報をまとめました。

全国統一のルール(航空法に基づくルール)

航空法による主なルールは下記の通りです。詳細および最新情報は国土交通省の専用ページ(外部サイトへリンク)をご参照ください。

無人航空機の飛行の許可が必要となる空域

  • 空港等の周辺の上空
  • 150メートル以上の高さの空域
  • 人口集中地区の上空

無人航空機の飛行の方法

  • 日中(日出から日没まで)に飛行させること
  • 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
  • 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30メートル以上の距離を保って飛行させること
  • 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
  • 爆発物など危険物を輸送しないこと
  • 無人航空機から物を投下しないこと

岐阜県独自のルール

岐阜県独自のルールは下記の通りです。詳細は各担当部署へお問い合わせください。

多治見市独自のルール

多治見市独自のルールは下記の通りです。詳細および最新情報は各担当部署のページをご参照ください。

お問い合わせ

企画防災課企画調整グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1376(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1412

ファクス:0572-24-0621

メール:kikaku@city.tajimi.lg.jp