ホーム > よくある質問 > 子育て・教育・文化・スポーツ > 子どもが不登校でひきこもりがちです。相談できるところはありますか?

ここから本文です。

更新日:2018年7月19日

子どもが不登校でひきこもりがちです。相談できるところはありますか?

教育相談室

教育相談室では、不登校の問題をはじめ、小学生、中学生や保護者のさまざまな悩みに相談員が応じ、助言・支援をしています。

相談は無料で、プライバシーは厳守します。安心してご利用ください。

相談日・時間

  • 土・日・祝日および年末年始を除く毎日
  • 午前9時から午後4時

相談方法

  • 電話:相談時間内にお電話ください。
  • 面談:事前に電話で来訪日時をお知らせの上、相談室にお越しください。

場所

教育相談室:【電話】0572-23-5942【場所】多治見市役所駅北庁舎3階

適応指導教室「さわらび学級」

不安や悩みなどがあって登校できない小学生、中学生が、学校に籍を置いたまま通い、情緒の安定や学校への復帰を目指す学級です。

さわらび学級リーフレット(PDF:461KB)

開級日・時間

  • 土・日・祝日および年末年始を除く毎日
  • 午前9時から午後4時

活動内容

さわらび学級では、不登校のお子さんと一緒に個別や集団で活動しながら、個々の自立を促し、学校への復帰を支援します。

さわらび学級活動の4本柱

  • 学習活動:子どもの実態に応じた個別・グループ学習を行い、学習する楽しさを求めます。
  • チャレンジ活動:自分のしたいことに取り組む時間です。
  • さわらび活動:スポーツ、料理、社会見学等の体験学習を通して仲間とのふれあいの場を設定します。
  • 宿泊活動:春と秋に、地球村で合宿します。家庭から離れ、自然の中で仲間と生活します。

場所

さわらび学級:多治見市美坂町8-8(電話0572-24-3470、0572-23-7867、0120-51-7867)

Q&A

Q さわらび学級へは、誰でも通うことができますか。

A 学校へ行きたくてもいけない不登校の状態にある多治見市在住の小中学生が対象です。

Q さわらび学級に通うには、どうしたらいいですか。

A まず、担任の先生や教育相談担当の先生、校長先生と話し合います。話し合った結果、入級することが決まりましたら、入級申請書をお子さんが在籍する学校の校長先生を通じて教育委員会へ提出します。

Q いつ活動していますか。

A 毎週月曜日から金曜日の午前10時から午後2時30分までです。始めのうちは10時を過ぎてもいいので、自分の来られる時間に来てください。

Q どのようなことをしていますか。

A その子その子に応じた活動をしたり、みんなで活動する事もあります。ゲーム、スポーツ、料理、工作そして自主勉強と一週間のスケジュールを組んで取り組んでいます。

Q 途中で学校に戻ることはできますか。

A さわらび学級は、学校へ再び登校することを目指して、心を安め、エネルギーを蓄え、元気を取り戻す支援をしています

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育推進課教育推進グループ

〒507-8787 音羽町1丁目233番地

電話:0572-23-5904(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:2323~2326

ファクス:0572-23-5862

メール:kyoiku@city.tajimi.lg.jp