ホーム > 暮らし > 税金 > 個人市民税・住民税 > 平成29年度市・県民税申告のご案内

ここから本文です。

更新日:2017年3月16日

平成29年度市・県民税申告のご案内

平成29年度の確定申告受付は3月15日をもって終了しました。

期限後に提出される確定申告は多治見税務署へ提出してください。

なお、市・県民税の申告書は随時受付しておりますので、

市・県民税申告が必要な方はお早めに提出いただきますようお願いします。

受付期間

  • 平成29年2月16日(木曜日)から3月15日(水曜日)

  • 一昨年度から申告会場が、市役所駅北庁舎4階に移転しました。
  • 土・日曜日・休日は休みとなりますので、ご注意ください。

平成29年1月1日現在、多治見市にお住まいの方で、平成28年中に収入があった方は、市民税・県民税の申告をしていただく必要があります。

ただし、次に該当する方は申告の必要がありません。

  • 税務署へ所得税の確定申告をされる方(注1)
  • 収入が給与のみで、勤務先から多治見市役所に年末調整が済んでいる給与支払報告書が提出されている方(注2)収入が公的年金のみで、総収入が以下の金額の方

65歳以上(昭和27年1月1日以前生まれ)で、152万円以下

65歳未満(昭和27年1月2日以降生まれ)で、102万円以下

  • 収入が公的年金のみで、所得控除などの追加をしない方

(注1)個人年金、非上場株式配当、生命保険金等の一時金などの収入があった方は、確定申告が不要でも申告していただく必要があります。

(注2)給与支払報告書の提出の有無については勤務先にお尋ねください。

平成28年中に収入がなかった方でも、税に関する証明が必要な方や、国民健康保険、児童手当、公営住宅の手続きをされる方は、申告が必要な場合があります。詳しくは担当課、または当該機関へお問い合わせください。

なお、以下に該当する方については、「市・県民税の申告」ではなく、確定申告をしていただく必要があります。

  • 事業(営業・農業)所得、不動産所得、雑所得や一時所得などがあり、所得税が発生する見込みがある方
  • 給与収入が2千万円を超える方
  • 給与を1ヵ所から受けていて、その他の所得合計が20万円を超える方
  • 給与を2ヵ所以上から受けていて、年末調整をされた給与以外の給与収入額と、給与・退職以外の他の所得金額の合計が20万円を超える方
  • 退職所得があり、源泉徴収税額が正規の税額より少ない方

 

《年金所得者にかかる確定申告不要制度が創設されました》

公的年金等の収入が400万円以下で、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合には、源泉徴収の対象とならない年金(国外の年金等)を除き所得税の確定申告が不要となりました。

この場合でも、還付を受けるために申告書を提出することができます。

 

以下の場合は住民税の申告が必要です。職員におたずねください。
  • 公的年金等の源泉徴収票に記載されている以外の控除を追加したいとき

※所得税の確定申告は、平成29年2月16日(木曜日)から3月15日(水曜日)まで多治見税務署(外部サイトへリンク)に会場が設けられています。

詳しくは多治見税務署へお問い合わせください。

各会場での申告受付日程

市役所駅北庁舎での受付日程

申告会場 期日(土・日除く) 時間
市役所駅北庁舎4階大ホール

2月16日(木曜日)~3月15日(水曜日)

地区指定日程

  • 昭和校区2月16日(木曜日)、20日(月曜日)
  • 養正校区2月22日(水曜日)、27日(月曜日)
  • 精華校区3月8日(水曜日)~9日(木曜日)
午前9時~午後4時

 

  • 自動車で来庁の方は、市営駅北立体駐車場又は、市営駅西駐車場をご利用ください。
  • 各市営駐車場をご利用の方は、駐車料金が無料になります。必ず駐車券を申告会場に持参のうえ提示してください

公民館など出張先での受付日程

申告会場 期日(土・日除く) 時間
小名田公会堂 2月17日(金曜日) 午前10時~午後3時
根本交流センター 2月21日(火曜日)
滝呂区民会館 2月23日(木曜日)
脇之島公民館 2月24日(金曜日)
旭ヶ丘公民館 2月28日(火曜日)、3月1日(水曜日)
池田町屋公民館 3月3日(金曜日)
笠原中央公民館 3月6日(月曜日)、3月7日(火曜日)
南姫公民館 3月10日(金曜日)
市之倉公民館 3月13日(月曜日)
小泉公民館 3月14日(火曜日)

 

来場時の注意事項

  • 期間中は各会場共に混みあうことが予想されます。受付時間・申告会場をご確認の上、時間に余裕を持ってお越しください。
  • 駐車場の数に限りがありますので、できる限り、公共交通機関をご利用ください。
  • 申告書をご自身で作成していただくような申告相談の方法となります。必要な方はメガネ等をご持参ください。

 

≪申告に必要な書類など≫ご確認の上、申告を!

申告書を作成される前に、必ず次の表の各項目についてご自分の申告に必要なものを確認してください。足りない書類などがありますと申告書が作成できないことがあります。

(申告の内容によっては、下記以外にも必要な書類が必要になることがありますのでご注意ください。ご不明な点はお問い合わせください。)

平成28年中に受けた全ての収入の金額が分かるもの

給与収入があった方

給与の源泉徴収票(原本)

(平成28年中に得た全ての給与の源泉徴収票が必要です)

公的年金の収入があった方

公的年金の源泉徴収票(原本)

(平成28年中に得た全ての公的年金の源泉徴収票が必要です)

遺族年金・障害年金の場合は不要です

自営業・不動産の貸付などの収入があった方

収入と支出(売上や仕入等)の内訳書を作成してください

内職・外交員の報酬などがあった方

内職の賃金の振込みの明細や支払調書など

個人年金・互助年金や満期になった保険金の収入があった方

保険会社などから送られる年金の支払額や必要経費(掛金など)が分かるもの

配当金の収入があった方

上場株式配当等の支払通知書や配当とみなされる金額の支払通知書など

申告では、平成28年中に受けた全ての収入を合わせる必要があります。

 

平成28年中に支払った保険料などの控除を申告する方

国民年金保険料を支払った方

国民年金保険料の控除証明書(原本)

国民健康保険料・後期高齢者医療保険料・介護保険料を支払った方

市役所から送付した納付済額の証明書など、支払った金額が分かるもの

保険料納付額通知はがきを送付しました。

生命保険料・地震保険料を支払った方

保険会社などが発行した生命・地震保険の控除証明書(原本)

医療費控除を受ける方

平成28年中に支払った医療費の領収書やレシート、生命保険や健康保険などから補てんされた(戻ってきた)金額のわかるもの

医療費と戻ってきた金額の合計額を計算してください

障害者控除を受けられる方

障害者控除を受けられる方は、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳など

要介護認定を受けられている方も障害者控除の対象になる場合があります。

詳しくは高齢福祉課(内線2247)へお問い合わせください。

 

その他申告に必要なもの

印鑑(朱肉を使用するもの。インク浸透印は不可。)

本人名義の銀行口座の分かるもの(還付申告をする方)

 

市民税・県民税の申告書の記載については、平成29年度市民税・県民税申告の手引き(PDF:8,868KB)をご覧ください。

申告に関するお問い合わせ

電話受付は、自動音声による案内です。税務署からのお知らせに関する問い合わせは「2」を選択してください。

期間中は大変込み合うため、つながりにくい場合がありますので、ご了承ください。

所得税の確定申告は国税庁のホームページ(外部サイトへリンク)でも作成できます。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

税務課市民税グループ

〒507-8787 音羽町1丁目71番地の1

電話:0572-22-1111

内線:2263・2264・2265

ファクス:0572-25-8228

メール:zeimu@city.tajimi.lg.jp

期間中、職員は主に申告会場及び出張会場での申告受付を行っておりますので、お電話でのお問い合わせは職員が応答できない場合があります。
お問い合わせ内容によっては、折り返しご回答をさせていただく場合がありますので、ご了承ください。