ホーム > 暮らし > 都市計画 > 多治見市総合交通戦略

ここから本文です。

更新日:2015年8月26日

多治見市総合交通戦略

総合交通戦略とは

第2次多治見市都市計画マスタープランで示す「集約・再生型のまちづくり」を目指すため、徒歩、自転車、公共交通、自動車の総合的な都市交通のビジョンと、それを実現するためのハード・ソフト施策を一体的に定めたものです。また、地域公共交通総合連携計画(「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律」に規定)を地域公共交通分野の実行計画として位置づけています。

 ⇒多治見市総合交通戦略(PDF:3,056KB)両面印刷用のため、途中に白項が挿入されています。

計画の概要

計画区域

多治見市全域

計画期間

2014年~2023年(平成26年度~平成35年度)の10年間

理念

「地域をつなぎ、集約・再生型の街を支える都市交通の実現」

多治見市が目指す将来のまちと都市交通の姿

重点施策

  1. コミュニティバス中心市街地線の改編
  2. 路線バスの利便性向上(ルート・ダイヤ改編)
  3. 路線バスの利便性向上(利用しやすい運賃制度の導入)
  4. 地域内交通導入支援
  5. 主要バス停のバス待合環境の改善
  6. 自転車歩行車ネットワーク整備

 

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市政策課都市政策グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1321(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1392・1393・1389・1391

ファクス:0572-25-6436

メール:tosisei@city.tajimi.lg.jp