ホーム > 暮らし > 上下水道 > 上水道 > 隔月検針

ここから本文です。

更新日:2017年12月26日

隔月検針

平成30年4月から2か月に一度の水道隔月検針が始まります

経営改善の一環として、検針にかかる経費を削減します。

隔月検針の検針方法について

土岐川を境に市内を2分割し、川北地区は偶数月に、川南北区は奇数月にそれぞれ水道の検針を行います。

30年度検針を行う月 川北地区 4月、6月、8月、10月、12月、2月

 川南地区 5月、7月、9月、11月、1月、3月

使用水量の算定と料金の請求

検針した2か月分の使用水量を按分して1か月分ごとの料金を算定し、検針月の翌月と翌々月に請求します。

平成30年度検針スケジュール、請求月
川北地区 川南地区
検針月 請求月 検針月 請求月
4月 5月請求    
    5月 6月請求、7月請求
6月 7月請求、8月請求    
    7月 8月請求、9月請求
8月 9月請求、10月請求    
    9月 10月請求、11月請求
10月 11月請求、12月請求    
    11月 12月請求、1月請求
12月 1月請求、2月請求    
    1月 2月請求、3月請求
2月 3月請求、4月請求    
    3月 4月請求、5月請求

請求時期が現行より1か月遅くなるため、平成30年度のみ、川北地区は6月、川南地区は5月の請求がありません。 

定期的に水道メーターのご確認を

隔月検針の実施により宅内(敷地内)での水漏れなどの発見が遅くなる可能性があります。宅内での水道管理は使用者が行わなければなりません。定期的にメーターを確認していただき、漏水の早期発見にご協力ください。

お問い合わせ

上下水道課窓口グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1203(内線1208、1211)、0572-22-1233(内線1205)

内線:1203

メール:jyougesuido@city.tajimi.lg.jp