ホーム > 暮らし > ペット・動物 > 犬・猫の飼い方

ここから本文です。

更新日:2018年11月8日

犬・猫の飼い方

一度飼った動物は、最期まで飼い続けることが大切です。えさをやって、かわいがるだけではなく、糞尿の後始末をしたり、しつけをしたり、病気にならないようにワクチンを打ったり。飼い主には、最期まで責任をもって飼うという責任があります。何らかの事情で、飼い続けることができなくなった場合は、飼い主の責任で新しい飼い主を見つけるようにしましょう。

啓発看板の配布

多治見市では、犬の飼い主のマナー向上を目的に啓発看板を作成し無料で配布しております。ご希望の方は、環境課もしくはお近くの地区事務所にご相談ください。

犬や猫の引き取り

やむを得ない事情で飼うことができなくなり、新しい飼い主も見つからない犬や猫、迷い犬や迷い猫を保護した場合は、岐阜県東濃保健所(外部サイトへリンク)(電話23-1111)にご相談ください。

関連情報

お問い合わせ

環境課環境保全グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1175(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1114

ファクス:0572-22-1186

メール:kankyo@city.tajimi.lg.jp