ホーム > 暮らし > 戸籍・住民票・旅券 > 住民票の写し・印鑑登録証明書の様式が変わります

ここから本文です。

更新日:2018年2月5日

住民票の写し・印鑑登録証明書の様式が変わります

平成30年3月5日から新しい住民記録システムが稼働します。

これに伴い、住民票の写し、印鑑登録証明書の様式が変わります。

新しい住民票の写しの様式

  1. 最新の情報のみを記載した住民票の写し(1枚につき最大5人まで記載)を交付します。
  2. 転出等で住民票から消除された世帯員の方は記載できません。
  3. 交付手数料は、これまで通り1通300円で変更ありません。

世帯票のイメージ(PDF:333KB)

過去の情報を記載した住民票の写しについて

多治見市内で転居した場合の住所履歴、戸籍の届出に伴う氏名等の変更履歴の記載が必要な場合は、個人単位の住民票の写し(1枚につき1人記載)の様式で交付します。(交付手数料は、1通300円)

詳しくは窓口でご相談ください。

<平成30年3月4日以前(システム切り替え以前)の履歴が記載された住民票の写しについて>

新しい住民記録システムへの切り替えに伴い、すべての住民票が改製されます。それに伴い、平成30年3月4日以前の情報が記載された住民票の写しは、「改製原住民票」となります。

したがって、平成30年3月4日以前に消除された方や以前の市内転居の住所履歴、氏名等の変更履歴が記載された住民票が必要な場合は、「改製原住民票(個人単位の住民票の写し)」を交付します。

<注意>

改製原住民票は、法律により改製日から5年間保管することとされており、5年が経過する平成35年(2023年)3月5日以降は交付できなくなりますのでご注意ください。

 

改製原住民票のイメージ(PDF:197KB)

新しい印鑑登録証明書の様式

  1. 様式の向きが、A4縦からA4横に変わります。
  2. 印鑑登録番号は変更しません。これまでと同様に、印鑑登録証(印鑑登録カード)及び本人確認書類を持参のうえ、ご請求ください。
  3. 交付手数料は、これまで通り1通300円で変更ありません。

印鑑登録証明書のイメージ(PDF:248KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民課戸籍グループ

〒507-8787 音羽町1丁目71番地の1

電話:0572-23-5731(直通)または0572-22-1111(代表)

ファクス:0572-23-1141

メール:simin@city.tajimi.lg.jp