ホーム > 暮らし > 公園・緑化 > 公園管理 > 都市公園、自然公園、児童遊園(行為の禁止)の具体例について

ここから本文です。

更新日:2016年4月14日

都市公園、自然公園、児童遊園(行為の禁止)の具体例について

多治見市都市公園条例

第14条都市公園においては、次に掲げる行為をしてはならない。

(7)たき火その他公園施設等に危険を及ぼすおそれのある行為をすること。

(10)公安風俗その他公益を害する行為をすること。(他人に迷惑を及ぼす行為等)

具体例

  1. 花火(区・町内行事で行う場合は条件付きで可)1
  2. 指定場所以外での喫煙
  3. ゴルフの練習
  4. 硬球でのキャッチボール
  5. 犬のリードなしの散歩
  6. キャンプ
  7. スケボー
  8. 無線操縦のヘリコプター、ドローン等の使用
  9. その他危険と判断される行為
  • 1個人で花火をする場合、線香花火のような手持ちタイプ、火の玉が噴射しないものは可とする。ロケット花火や打ち上げ花火等、飛翔したり火の粉が飛ぶようなもの、また大きな音のする爆竹等は不可とする。
  • なお、バーベキューについては、個人で行う場合は禁止とし(指定場所以外)、町内行事等で行う場合は、事前に制限行為許可申請書を提出する。バーベキューを行う場合は、専用の道具を使い、直火では行わないこととする。
  • 自然公園、児童遊園も都市公園に準ずるものとする。

 

お問い合わせ

緑化公園課公園緑地管理グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1356(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1384・1386

ファクス:0572-25-7055

メール:midori@city.tajimi.lg.jp