ホーム > 観光 > テーブルウェア・フェスティバル2018~暮らしを彩る器展~

ここから本文です。

更新日:2018年1月19日

テーブルウェア・フェスティバル2018~暮らしを彩る器展~

上質なカジュアルを目指して

東京ドームでは、毎年2月に「食文化」と「テーブルウェア文化」に関する世界最大級の催事「テーブルウェア・フェスティバル」が開催されます。

2018年で26回目となるこの催事に、多治見市美濃焼振興協会が出展します。

会期

平成30年2月4日(日曜日)から平成29年2月12日(月曜日・祝日)午前10時から午後7時まで

2月4日のみ午前11時から

場所

東京ドーム(東京都文京区後楽1-3-61)

入場料

前売券1,800円、当日券2,100円(税込。小学生以下は無料。ただし、大人の付添いが必要。)

出展者一覧

東京ドーム「テーブルウェア・フェスティバル」の多治見ブースには商社・窯元等、合わせて16社が参加します。これに加え、作家や上絵付組合、出展者以外の窯元などからも作品を集め、美濃焼・多治見の魅力を発信します。

【多治見ブース詳細】

テーマ:「わたしの逸品、まいにちの逸品」~多治見~

ブース番号:D5(3塁側・出口付近)

【出展者リスト】(順不同)

安藤新晤商店/光城陶器株式会社/マルト水野陶器/株式会社金正陶器/前畑株式会社/丸山陶器株式会社/株式会社カマイチ商店/株式会社丸東/株式会社山喜/株式会社明和窯金陶苑/東山窯/蔵珍窯/早蕨窯/藤兵衛窯/株式会社丸モ高木陶器/草の頭窯

【出展作家】(順不同)

梅本尋司/山田晉一郎/大森健司/藤内紗恵子/板屋成美/加藤好康/中村寿美/大道宏美/青木岳文

前回の様子

コーディネーター・祖父江加代子氏により、カジュアルかつ上品なブースになっています。

ブース正面コーディネート

Bコーナーディスプレイ

アリーナステージにて岐阜県重要無形文化財保持者安藤日出武氏によるトークショーを行いました。

トークショー

関連リンク

テーブルウェア・フェスティバル2018公式HP(外部サイトへリンク)

うつわや多治見(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

産業観光課産業観光グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1250(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1175

ファクス:0572-25-3400

メール:sangyokanko@city.tajimi.lg.jp