ホーム > 観光 > 多治見市モザイクタイルミュージアム

ここから本文です。

更新日:2017年12月12日

多治見市モザイクタイルミュージアム

 tmtmgaikan多治見市と旧笠原町の合併(平成18年1月23日)に伴い、『新市建設計画』及び『第6次多治見市総合計画』で事業化され整備を進めてきた施設で、平成28年6月4日に開館しました。

建物は、独創的で日本を代表する建築家・藤森照信氏が設計を手掛け、また、ミュージアム施設ではこれまで展示や調査研究の機会が与えられてこなかった“タイル”をメインテーマとしており、話題性や独創性を内包する施設です。

 

 

多治見市モザイクタイルミュージアム公式HP

多治見市モザイクタイルミュージアム公式HP(外部サイトへリンク)

多治見市モザイクタイルミュージアム開館記念ジャズコンサート

多治見市モザイクタイルミュージアム開館記念ジャズコンサートは、終了しました。

建設までの流れ

(仮称)日本タイル館

指定管理者の決定

指定管理者となる団体については、9月議会の議決を経て次のように決定されました。

 

指定管理者の名称等 岐阜県多治見市笠原町2827番地の1

一般財団法人たじみ・笠原タイル館

代表理事 各務 寛治

指定期間 平成28年6月1日から平成33年3月31日まで(4年10か月間)

選定結果

平成27年8月4日に行われました、多治見市モザイクタイルミュージアムにかかる指定管理者候補団体選定委員会における選定結果は次の通りです。

 

評価合計点 148/200 最低基準点 120点
非公募理由 モザイクタイルミュージアム事業は、地元業界主体の運営を前提に進められてきており、この趣旨を踏まえた団体が管理することは市の政策目的と合致する。また、本事業は笠原の「タイル」という地元資源を活用して観光・産業振興両面を活性化しようとするもので、地元タイル業界を中心とした一般財団法人たじみ・笠原タイル館が有するタイルに関する専門性に鑑み、非公募とするもの(多治見市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例施行規則(平成16年規則第62号)第2条第3項第3号及び第6号に該当)

 

お問い合わせ

産業観光課産業観光グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1250(直通)または0572-22-1111(代表)

ファクス:0572-25-3400

メール:sangyokanko@city.tajimi.lg.jp