ホーム > 観光 > 茶文化プロジェクト

ここから本文です。

更新日:2017年12月22日

茶文化プロジェクト

秋田県仙北市、岩手県奥州市、静岡県掛川市及び岐阜県多治見市は、永年お茶に関連した特産品を最高の技で生産しています。私たち4市は連携し、名実共に日本一と言える仙北市の樺細工、奥州市の南部鉄器、掛川市の深蒸し茶、多治見市の美濃焼を活用して、再び緑茶文化を再生するため、「最高の技茶文化プロジェクト仙北・奥州・掛川・多治見』と名付け、協働により次の活動を推進して、日本らしさを追及することを宣言します。

4市の逸品を結集「木村ふみセレクト」

各地の特産品を使って茶を楽しんでもらおうと、食環境プロデューサーであり、日本各地の伝統工芸品産業に深く関わっている木村ふみさんセレクトのセット商品を開発しました。平成28年度5月1日より88セット限定で販売しております。

セット内容

樺細工(秋田県仙北市)

南部鉄器(岩手県奥州市)

深蒸し掛川茶(静岡県掛川市)

美濃焼(岐阜県多治見市)

料金

74,000円(税込)

送料は別途必要になります。

申し込み方法

チラシをダウンロードして頂き、必要事項をご記入の上、産業観光課までFAXか郵送してください。

ちらし

茶文化プロジェクトセット商品(PDF:1,943KB)

シンポジウム「お茶のある風景」

茶文化プロジェクトシンポジウム

茶文化プロジェクト戦略会議(平成25年11月17日/掛川市生涯学習センター)

戦略会議

<茶文化プロジェクト戦略会議で採択された作戦書の全文>

新たなニーズに合わせた大胆なチャレンジ

1.伝統工芸の技術・技法を活かした新しい商品の共同研究と開発

ア)若者などのニーズに合わせた求めやすい商品の研究開発

イ)若手作家やデザイナーと協働し、様々な目線や価値観からの新たな商品を創出

2.新商品を活かしたお茶の淹れ方・飲み方、新しいスタイルの提案

3.新しいスタイルというソフトを持った茶器セットの普及促進とブランド化

4.新しいブランドを利用し、個々のライフスタイルから日本の生活文化へ発展

高度な伝統の技を組み合わせた商品による相乗効果の追求

1.「4市の逸品」のパッケージングの研究開発

2.「4市の逸品」を最高に活かす呈茶スタイルの提案

3.呈茶スタイルまでをトータルコーディネートした販売の推進

4.それぞれの市で4市の逸品を展示し、お茶を楽しめる場を提供

茶文化プロジェクト発足宣言書締結式(平成25年2月6日/東京ドーム)

発足式

伊勢神宮へセット商品奉納神事の実施(平成29年10月16日/伊勢神宮)

 

2017年伊勢神宮奉納

茶文化プロジェクトセット商品を、

 

三重県伊勢市の伊勢神宮に連携4市の市長らが訪れ神楽殿に奉納しました。


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業観光課産業観光グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1250(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1175

ファクス:0572-25-3400

メール:sangyokanko@city.tajimi.lg.jp