研究生について Study in ishoken

 

特別研究生 Special research student

当研究所では、地場産業の振興を目的とした陶磁器の専門分野における短期の人材育成として、昭和46年から特別研究生を受け入れています。
近年、国際陶磁器フェスティバルの影響もあり、海外の陶芸家やデザイナーを受け入れるケースもあります。

 

【 特別研究生の概要 About Special research student 】

「特別研究生」は自主的な研究を、必要に応じて当所の職員が助言や指導などをし、サポート(デザイン支援・技術支援)するものです。
期間は一つのテーマにつき、2週間以上最長1年となります。
費用は研究室及び試験室使用料(310円/時間)、デザイン支援及び技術支援手数料(1300円/時間)、使用した原材料・消耗品及び焼成にかかる費用などを実費でお支払いいただきます。

※研究テーマ及び研究時期(期間)によっては受け入れできない場合があります。

 

【 特別研究生の申し込みについて How to apply Special research student 】

特別研究生の申し込みについては、当所規定の入所資格に基づいた審査が必要となります。
審査の内容には、当所での面談も含まれます。(外国人の場合は、来日していただき、身元保証人となる予定の方を同伴して面談していただきます。)その面談の結果により入所の可否が決定されます。あくまでも入所の決定は必要書類の提出、面談終了後の決定となります。

申し込み方法、詳しい内容等は直接(電話またはメールにて)お問い合わせください。

 

【 研修期間中の生活 Life during the training period 】

研修時間以外、また研修時間内でも研修内容に関わらないこと、特別研究生の生活等には意匠研究所は関知しておりません。本人の移動手段、研修に必要な細かい道具の購入等々、所定の研修実施以外の部分は、ご本人に対応していただきます。その為、保証人の方には本人へのサポート等が必要になる可能性がありますのでご配慮下さい。

 

【 語学に関して Language 】

基本的に研修は日本語での対応となります。日本語でのコミュニケーションが可能、もしくは通訳の方が必要です。

 

【 保証人に関して Guarantor 】

申し込みには保証人が必要です。保証人は、日本国籍を有する、または滞在10年以上、尚且ついずれも日本在住であることが条件になります。

 

【 実施期間について Schedule 】

デザインコース・技術コース、セラミックスラボの授業や行事の関係もありますので、実施期間はご相談下さい。