機関概要  About ishoken

 

多治見市陶磁器意匠研究所では[デザイン支援・食器安全対策事業]と[人財育成事業]の2つの仕事を行っています。

ishoken conducts two jobs. They are "Design support and tableware safty policy" and "Human resource development" .

 

[デザイン支援・食器安全対策事業]"Design support and tableware safty policy"

地元陶磁器業界が行う魅力的な陶磁器製品開発を支援するため、デザイン制作やサンプル試作等のご相談を承ります。
また、安全・安心な製品流通に寄与するため、素地と釉薬に関する陶磁器製品の欠陥や、上絵具からの鉛溶出に関する検証を行っておりますので、ご活用ください。

詳しくは[依頼試験/開放設備]のページをご覧ください。

We accept consultation such as a design or the prototype to support the attractive development of products that the local ceramics industry preforms.
 In addition, we perform inspection about the lead elution from upper paint and the defect about the body or the glaze. Specifically, see a page of [ Services ].


[人財育成事業]"Human resource development"
多治見市陶磁器意匠研究所は設立以来、充実した研修課程(人財育成事業)を開設しており、やきものを学ぶ学校としても広く知られています。
研修課程には国内外から応募があり、土練りから成形技術、デザインや陶磁器釉薬の知識まで広くその技術と知識を学び、明るい雰囲気の中、陶磁器の明日と自らの将来を真剣に考える研修期間を過ごしています。卒業生卒業生が陶磁器デザイナーやクラフトマン、陶芸家として活躍しています。
詳しくは[研究生について]のページをご覧下さい。

 

 

機関概要メニュー