ホーム > 市政情報 > 施設案内 > 三の倉市民の里(地球村)

ここから本文です。

更新日:2015年1月5日

三の倉市民の里(地球村)

「サタデースターナイト」地球村ミッション~スペースシャトルで宇宙に行こう~

「サタデースターナイト」は、市民が気軽に星の世界を楽しんでいただくことを目的に、毎週土曜日地球村天文台を無料開放し、開催している天文観察会です。

観察会では、市内外の星空観察会などで活躍している地球村星倶楽部の協力のもと、口径12.5センチの大型天体望遠鏡をはじめとして、複数台の天体望遠鏡を設置し、月や惑星などの観察や、実際の星空で、レーザー光線を使っての星の話を行っています。

そして、今年新たに、スペースシャトル型の宇宙体験シミュレーターを制作しました。本シミュレーターは、小学校低学年以下のお子様に、宇宙や星に興味をもってもらうキッカケにしていただくことを目的に企画、制作したものです。

主な内容は、スペースシャトルでの宇宙旅行体験等となっています。コンピューターソフトを使い、地球村星倶楽部天体指導員が解説しながらの宇宙旅行体験は子どもだけでなく、大人の方にとってもワクワク感がいっぱいです。

また、天体望遠鏡とシャトルの操縦桿(そうじゅうかん)を連動させ、実際の月面の映像を大きいモニターに映しての操縦体験も可能となっています。

スペースシャトル型宇宙体験シミュレーター運用概要

  • 定員:10名前後
  • 所要時間:宇宙旅行体験(解説付き)約15分
  • 参加料:無料

スペースシャトル型シミュレーターは、サタデースターナイト内の体験プログラムとなります。サタデーナイトスターナイトが、雨天、曇天等で中止の場合は、体験できませんのでご了承ください。

開催日時

毎週土曜日:午後7時から午後9時30分の間

開催日、開催時間は、三の倉市民の里地球村のホームページ(外部サイトへリンク)、またはお問い合わせください。

 

スペースシャトル外観

外観はスペースシャトルのコックピット付近を模して制作されています。

手前にある天体望遠鏡とスペースシャトルコクピットの画面を連動させ、大きなモニターを使った月の観察などもできます。

スペースシャトルの内面

スペースシャトルの内面も本物のコクピットのような感じのつくりとなっています。

モニター画面を使って宇宙旅行体験などを提供し、より楽しく宇宙に関心を持っていただくようになっています。

スペースシャトル体験中

スペースシャトル体験中の子どもたちの様子です。

気分はもう宇宙飛行士です。

スペースシャトルスタッフ

スペースシャトルの制作は、地球村職員で行いました。

 

 

 

 

 

お問い合わせ先

三の倉市民の里地球村

住所:多治見市三の倉町猪場37

電話:0572-24-3212


【開館時間】午前8時30分~午後5時:日帰りでのご利用の場合は、午後5時をもって閉館となります。

火曜および年末年始は休館。但し、夏休み期間中の火曜(7月下旬~8月)は開館。

 

お問い合わせ

文化スポーツ課文化振興グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1193(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1134・1135

ファクス:0572-25-6213

メール:bunka-sports@city.tajimi.lg.jp