ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 市長の活動記録 > 平成31年2月(市長の活動記録)

ここから本文です。

更新日:2019年2月8日

平成31年2月(市長の活動記録)

視察

190208_テーブルウェア・フェスティバル2019視察

【2月8日】東京ドームにおいて2月3日(日曜日)から開催されている『テーブルウェア・フェスティバル2019~暮らしを彩る器展~』を視察いたしました。テーブルウェア・フェスティバルとは、今回で27回目の開催となる日本最大の器の祭典です。多治見市も毎年出展させていただいており、今年は「わたしの逸品 まいにちの逸品」というテーマで様々な器を展示・販売しています。なお、テーブルウェア・フェスティバルの開催期間は2月11日(月曜日・祝日)までです。

視察

190204_丸健製陶様視察1 190204_丸健製陶様視察2

【2月4日】丸健製陶株式会社を視察のため訪問させていただきました。視察の中では丸健製陶様が開発されたスウセラ(R)について開発経緯や、製品についてご説明いただきました。スウセラ(R)は、超多孔質構造で、吸水性、蒸発性に優れた丸健製陶様オリジナルの土です。土の特性を活かし、陶製の加湿器やアロマディフューザー、コースターなど様々な商品を展開されているとのことです。

面談

190201_ハンス・カールソン様面談

【2月1日】合同会社Mimiru共同代表のハンス・カールソン様に、国際陶磁器フェスティバル美濃に関するご提案のためお越しいただきました。

面談

190201_太陽築炉工業江口社長面談

【2月1日】太陽築炉工業株式会社代表取締役社長の江口様に面談のためお越しいただきました。

ご挨拶

190201_岩手県北上市視察団へのご挨拶

【2月1日】岩手県北上市視察団の皆様に歓迎のご挨拶をさせていただきました。

表敬訪問

190201_ぎふ多胎ネット様表敬訪問1 190201_ぎふ多胎ネット様表敬訪問2

【2月1日】NPO法人ぎふ多胎ネットの皆様にお越しいただき、『第7回健康寿命をのばそう!アワード」での厚生労働省子ども家庭局長優良賞の受賞についてご報告いただきました。今回は、全国初となる多胎家庭の支援と中学生の保育体験をコラボさせた取り組みなど、地域との連携による先進的な取り組みが高く評価されての受賞とのことです。多胎家庭の支援と中学生の保育体験をコラボさせた取り組みについては、南姫中学校と協力した事業で、母親が子育て講座を受講する間に、生徒たちに子どもたちの面倒を見てもらうというものです。この取り組みにより、母親は講座に集中できるとともに、生徒たちは多胎や子育ての大変さを体験できます。市長からは「役所だけで見きれないところを、学校を巻き込んで取り組んでいただいており、ありがたく思っています。今回の受賞、おめでとうございます。これからもよろしくおねがいします」とお礼の言葉を伝えました。

「き」業展

190201_「き」業展1 190201_「き」業展2

【2月1日】第16回となる「き」業展の開会式に出席しました。今年はイロドリをテーマに、多彩な企業(125事業所)が出展し、様々なイベントが開催されました。開会式では市長から「企業展を継続して行うと、大きな効果があります。キーワードは「女性と若者」です。今までにない、「き」業展となることを期待します」とご挨拶をさせていただきました。

お問い合わせ

秘書広報課秘書広報グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1372(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1401・1402・1471・1472

ファクス:0572-24-3679

メール:hisyokoho@city.tajimi.lg.jp