ホーム > 市政情報 > 広報 > マイタウン・ホットニュース番外編 > 平成30年12月(マイタウン・ホットニュース番外編)

ここから本文です。

更新日:2018年12月12日

平成30年12月(マイタウン・ホットニュース番外編)

第71回全国高等学校バスケットボール選手権大会出場報告

12月11日、東京都調布市で開催される「SoftBank ウィンターカップ2018 第71回全国高等学校バスケットボール選手権大会」へ出場する間宮健介(まみやけんすけ)さん(昭栄町在住、美濃加茂高等学校3年生)が市長を表敬訪問しました。
大会は12月23日から7日間にわたり開催され、全国の強豪100チーム(男女各50チーム)が頂上を目指し競い合います。
間宮さんが所属する美濃加茂高等学校バスケットボール部は、同大会に4年連続、計9回出場した実績を持ち、今回についても大きな期待が掛かります。
身長186cm、センターを守る間宮さんの得意技は体をはったプレイ。
同じセンターの留学生 アジャイ アーノルドさん(ナイジェリア)とともに、チームを引っ張る存在です。
古川市長に目標を聞かれると、「初戦から大事に勝っていきたい」と答え、慎重さの中に闘志を見せました。

softbankウィンターカップ2018選手権大会

ドコモ未来大賞受賞~デジタルで未来を描く~

12月10日、未来をつくる子どもたちの夢を応援する創作絵画のコンクール「第17回ドコモ未来ミュージアム」で、最高賞のドコモ未来大賞ゴールド(デジタル部門)を受賞した笠原中学校3年生の水野愛理(みずのあいり)さんが教育長を訪問し、受賞の喜びを報告しました。
教育長から「デジタルで描いたとは思えない鮮やかな色彩の絵画に驚きました。受賞を市としても誇らしいく思います」と祝いの言葉を伝えると、水野さんは「デジタルで描くことで大好きな古代生物を鮮やかな色で表現できました。受賞できてうれしいです」と喜びを語りました。

渡辺教育長、笠原中学校長、受賞者水野さん、お母さんと記念撮影作品の説明をする水野さんと作品に感心する渡辺教育長の様子

たじみを盛り上げるアイデアを企画~たじみ子ども会議~

12月9日、駅北庁舎で「第21回たじみ子ども会議」を開催しました。
同会議は、子どもがまちづくりや市政などに対して意見を表明し参加することを目的に開催するもので、公募で集った「子どもスタッフ」が主体的に会議の企画や運営を行っています。
平成30年度の会議テーマは「たじみを盛り上げろ!Part2 ~オリジナル☆イベントの実現に向けて~」。イベントを通じて人を集め、多治見市を盛り上げることを目標としています。
当日は4グループに分かれて、「自分たちにできること」、「おとなにお願いすること」、「イベントで期待できる効果」などについて話し合いました。
今後は、「謎解き脱出ゲーム」や「クリスマススタンプカード」などのアイデアをまとめ、多治見市に提言書として提出する予定です。

子ども会議1子ども会議2

マーチングバンド全国大会へ出場

12月7日、埼玉県さいたま市で12月16日に開催される「第46回マーチングバンド全国大会」に出場する市内在住の選手が副市長を表敬訪問しました。
出場するのは、美濃加茂高等学校3年の内山温人(うちやまはると)さん、服部伝悟(はっとりてんご)さん、志村泰斗(しむらやすと)さん、宇野瑞生(うのみずき)さんの4人です。
内山さんたちが所属する同校のマーチングバンド部は、10月に開催された東海大会で金賞を受賞し全国大会への出場権を獲得しました。
佐藤副市長が「日ごろの成果が実を結んだ結果だと思います。この勢いで上位入賞を目指してください」と激励すると、副部長の志村さんは「全国大会では学校初の金賞を目指します」と意気込みを語りました。

マーチングバンド全国大会出場

たじみ健康マラソン2018

12月2日、晴天に恵まれたこの日、星ケ台競技場を発着点とした「たじみ健康マラソン2018」を開催しました。
競技は年代や性別ごとに3km、5km、10kmの距離別に15部門に分かれ、親子連れから高齢者まで計1,436人のランナーが参加しました。ゴールを目指して必死に走る彼らには大きな声援が送られ、完走後は互いに健闘をたたえ喜び合うランナーの様子が見られました。
また、ゴール後はランナーへのホットドリンクによるおもてなしや、豪華景品お楽しみ抽選会も行われ、会場は笑顔にあふれていました。

ジョギング部門の笑顔でスタートするランナーの様子完走後の最高齢ランナーの吉田夫妻お楽しみ抽選会で豪華賞品をゲットしたランナー

「広報たじみ」が郵便局やコンビニ、スーパー、医療機関、銀行等の金融機関でもお持ち帰りいただけます

お問い合わせ

秘書広報課秘書広報グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1372(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1401・1402・1471・1472

ファクス:0572-24-3679

メール:hisyokoho@city.tajimi.lg.jp