ホーム > 市政情報 > 広報 > マイタウン・ホットニュース番外編 > 平成29年12月(マイタウン・ホットニュース番外編)

ここから本文です。

更新日:2017年12月12日

平成29年12月(マイタウン・ホットニュース番外編)

全日本ジュニアチャンピオンシップ空手道大会出場

12月11日、第5回全日本ジュニアチャンピオンシップ空手道選手権大会に出場する市内在住の選手が、市長を表敬訪問しました。
出場する川添倖汰(かわそえこうた)さん(共栄小5年生)と吉田将史(そうし)さん(中京学院大付属中京高通信制課程)は、平成28年10月に開催されたオープントーナメントで出場権を勝ち取り、12月24日に愛知県体育館で全国の強豪との試合に臨みます。
目標は「優勝」と意気込みを語る2人に、市長は「良い結果の報告を待っています」と期待を寄せました。

全日本ジュニアチャンピオンシップ空手道大会に出場する川添さんと吉田さん

全日本ジュニアチャンピオンシップ空手道大会に出場する川添さん(中央)と吉田さん(左)

初の外国人アーティストによる割り箸ピアノ~第35回四季のコンサート

12月8日、駅北庁舎2階多目的スペースで初の外国人アーティストSami Elu(サミエル)さんを迎え、第35回四季のコンサートを開催しました。
サミエルさんは、どこでも演奏ができる楽器として「割り箸ピアノ」を自作し、日本で年間約200本の演奏を行う割り箸ピアノアーティストです。
今回サミエルさんは「Jingle Bells」など8曲を演奏、最後の曲目「上を向いて歩こう」では演奏に合わせて観客も歌い、一緒にコンサートを盛り上げました。
サミエルさんは「割り箸ピアノ」に次ぐ新しい楽器の作成も考えていて、今後も皆さんを楽しませていきたいとのことです。

「割り箸ピアノ」を演奏するサミエルさん

「割り箸ピアノ」を演奏するサミエルさん

素晴らしい演奏と動きで金賞を目指す~マーチングバンド全国大会出場

12月6日、さいたまスーパーアリーナ(埼玉県)で開催される第45回マーチングバンド全国大会に出場する市内在住の選手5人が、市長を表敬訪問しました。
出場選手は美濃加茂高等学校のブラスバンド部「BrilliantMax」(ブリリアントマックス)に所属する内山温人(はると)さん、宇野瑞生(みずき)さん、小栗桃香さん、志村泰斗(やすと)さん、服部伝悟(てんご)さんです。
同部は10月29日に行われた東海大会で優秀な成績をおさめ、全国大会への出場権を獲得しました。今回で3回目の全国大会出場となる小栗さんが「今までの最高の賞は銀賞です。今大会では金賞を目指して頑張ります」と意気込みを語ると、市長は「大会では素晴らしい演奏を期待しています」と激励しました。

第45回マーチングバンド全国大会に出場する5人の選手

第45回マーチングバンド全国大会に出場する5人の選手

全日本ジュニア空手道選手権大会で入賞

12月6日、第11回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会に出場した市内在住の選手が、市長に大会で入賞したことを報告しました。
入賞したのは小池咲代(さよ)さん(小泉小3年生)、と林結乃(ゆの)さん(広見保育園年長)で、2人は11月に幕張メッセで全国の強豪との試合に臨みました。小池さんは小学3年生の部で、林さんは幼児女子の部で、ともに3位入賞を果たし、来年の目標は「優勝」と意気込みを語りました。市長は「スポーツも勉強もがんばって、来年は優勝の報告にきてください」と2人に期待を寄せました。

JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会で入賞した小池さんと林さん

JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会で入賞した小池さん(右)と林さん(左)

最高の技術と最高の車両で地域を守る

12月6日、消防団脇之島分団への消防自動車配属式を開催しました。
脇之島分団では平成3年度に消防ポンプ自動車と小型動力ポンプ付積載車を更新しましたが、今回老朽化に伴い各車両を更新しました。
配属式では市長が伊藤孝博(たかひろ)消防団長に配属書を交付し、消防団長が渡邉一雄(かずお)脇之島分団長に車両を引き渡しました。
市長が「皆さんの最高の技術と最高の車両を活用して、これからも地域を守ってください」とあいさつすると、脇之島分団長は「日々訓練に励み、地域を守っていきます」と意気込みを語りました。

消防団脇之島分団への消防自動車配属式

消防団脇之島分団への消防自動車配属式

全国からランナーが集結~たじみ健康マラソン2017

12月3日、星ケ台競技場を発着点として「たじみ健康マラソン2017」を開催しました。家族連れや最高齢では87歳の方などさまざまなランナーが市内外から1,425人集まり、最も遠方から参加した小針(こばり)りえさん(東京都府中市在住)は「6年振りの参加です。多治見の素晴らしい景色を眺めながら、マラソンを楽しみます」と意気込みを語りました。
当日は家族や友人の応援で駆けつけた方も多くおり、ランナーがゴールすると観客席からは大きな歓声が上がっていました。

たじみ健康マラソン2017

たじみ健康マラソン2017

保護司の活動が認められ法務大臣表彰、藍綬褒章を受章

12月1日、保護司の加藤一一(かずいち)さん(市之倉町在住)が法務大臣表彰を、各務滿子(かかむみつこ)さん(笠原町在住)が藍綬褒章を受章した喜びを市長に報告しました。
保護司とは法務大臣から委嘱された国家公務員で、加藤さん、各務さんは長年にわたる地域の少年犯罪の防止や更生保護活動の功績が認められ今回受章しました。
手助けをした方が社会に更生したときの喜びなどを加藤さんと各務さんが振り返ると、市長は「今まで活動してきたことが認められました。皆さんの努力の結果だと思います」とあいさつしました。

保護司の活動が認められた各務さんと加藤さん

保護司の活動が認められた各務さん(中央)と加藤さん(右)

 

「広報たじみ」が郵便局やコンビニ、スーパー、医療機関、銀行等の金融機関でもお持ち帰りいただけます

お問い合わせ

秘書広報課秘書広報グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1372(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1401・1402・1471・1472

ファクス:0572-24-3679

メール:hisyokoho@city.tajimi.lg.jp