ホーム > 市政情報 > 広報 > マイタウン・ホットニュース番外編 > 平成29年12月(マイタウン・ホットニュース番外編)

ここから本文です。

更新日:2017年12月28日

平成29年12月(マイタウン・ホットニュース番外編)

多治見市役所仕事納め式

多治見市役所仕事納め式
12月28日、多治見市役所の仕事納め式を本庁舎2階大会議室で行いました。
市長は壇上に今年一年間で市が国から受賞した賞状などを並べ「今年は『団結』・『結果』の「結」で表せる一年間。部や課をまたいで多くの成果を出せました」と一年間を振り返り、
「限られた休暇では地域や家庭を大切にし、平成30年も素晴らしい多治見市をつくっていきましょう」と職員の労をねぎらいました。

壇上から職員をねぎらう市長、副市長、教育長

壇上から職員をねぎらう市長、副市長、教育長

多治見のお酒のPRはじめました

1月21日まで、(一社)多治見市観光協会が運営する市PRセンターで、多治見市笠原町の酒造メーカー「三千盛」の商品と県内特産品の展示販売が行われています。
同協会は平成29年4月に法人化し、11月には酒販免許を取得したことで、多治見の酒「三千盛」を店頭で販売することができるようになりました。今回の企画では人気の銘柄のほか新酒「しぼりたて」と「にごり」を加えた6種が展示販売されており、美濃陶酔「緋酒器」や寿泉窯(喜多町)の酒器なども購入できます。
PRセンターの店頭に並ぶ三千盛

PRセンターの店頭に並ぶ三千盛

新年を迎え入れる門松

12月26日、本庁舎正面玄関に門松を飾りました。門松は市政70周年を記念して、平成22年から(社)岐阜県造園緑化協会陶都支部多治見分区の好意で飾っているもので、約2メートルの竹の周りを松、梅、葉ボタンなどで彩っています。同協会の長尾純夫(すみお)副支部長は「市民の方が門松を見て、無事に今年を過ごせたことを喜び、また気持ちよく新年を迎えていただければと思います」とあいさつしました。
門松は本庁舎正面玄関で1月7日まで飾られる予定です。

本庁舎正面玄関に飾られた門松

本庁舎正面玄関に飾られた門松

全国制覇を目指す~全国高校サッカー選手権大会に出場

12月25日、「第96回全国高校サッカー選手権大会」に出場する市内在住の選手が市長に意気込みを語りました。
出場選手は帝京可児高校の長澤大輝(だいき)さん(北丘町在住)、西尾綾祐(りょうすけ)さん(宝町在住)、佐藤光一郎さん(幸町在住)の3人です。
予選の岐阜県大会では、準決勝で大垣日大高校を13対0で、決勝で各務原高校を3対1で破り、全国大会への出場権を獲得しました。
各選手が「優勝して全国制覇を目指します」、「最後の大会になるため、チームメンバーと一緒に頑張ります」など意気込みを語ると、市長は「全国大会では優勝目指して頑張ってください」と激励しました。
全国大会は12月30日~1月8日、準々決勝までは東京の駒沢陸上競技場で、準決勝・決勝は埼玉県の埼玉スタジアム2002で開催されます。

全国大会に出場する帝京可児高校の選手

全国大会に出場する帝京可児高校の長澤さん、西尾さん、佐藤さん(左から)

予想と結果を分析~「第12回科学の芽」受賞~

12月25日、物理学者の朝永振一郎(ともながしんいちろう)博士生誕100年記念事業の一環として筑波大学が平成18年に設立した「科学の芽」賞を受賞した根本小学校4年生の坂﨑希実(さかざきのぞみ)さんが市長を表敬訪問しました。
12回目となる今回は、小学生部門で924件の応募があり、うち「科学の芽」賞を受賞したのは9人でした。
坂﨑さんは、スーパーボールが浴槽に張った水の上では弾まないことを不思議に思い、投げ込む強さや角度、ボールの形などを変えて実験を進めてきました。
作品名は「スーパーボールを、水面で弾ませたい!パート2」。前回の失敗から改良を加え完成させました。
坂﨑さんは「実験は予想と結果を分析するのが楽しいです。来年も別の予想を立てて挑戦したいです」と述べました。
市長は「学校で教えられる前に、疑問に思ったことを実験で突き止めるところが素晴らしい。これからも頑張ってください」と激励しました。

根本小学校4年生の坂﨑さん

根本小学校4年生の坂﨑さん

「東美濃」導入を目指して~地域住民の合意形成に向けて

12月25日、自動車の「地方版図柄入りナンバープレート」として新たな地域名表示「東美濃」ナンバーの導入を目指す東美濃ナンバー実現協議会について、本庁舎で2回目となる会議を開催しました。
会議では、7市町(多治見市、中津川市、瑞浪市、恵那市、土岐市、可児市、御嵩町)の住民や事業者に対して行う意向調査(アンケート調査)の内容などについて協議しました。
協議会の田代会長(多治見商工会議所会頭)は「地域住民のアンケート調査によって今後の成り行きが変わります。(東美濃ナンバー実現に向けての)最後の追い込みになるかと思いますが、なんとか成功させたいです」と意気込みを語りました。
アンケート調査は平成30年1月18日~31日に7市町の住民と事業者に対して行い、調査結果は地域住民の合意形成が図られているか判断する指標となります。

第2回東美濃実現協議会

第2回東美濃実現協議会の様子

三島さんがFC岐阜入団を報告

12月20日、サッカーJ2FC岐阜に来季からの加入が内定している三島頌平(しょうへい)さん(中央大商学部4年生・平井町出身)が市長を表敬訪問しました。
「年齢の近い選手も多く、雰囲気が良い」とチームの感想を話す三島さんは「チームを勝たせることのできる選手になりたい」と抱負を述べました。
当日は三島さんの高校時代のチームメイトであり、プロ4年目として活躍している杉本太郎さん(J2徳島ヴォルティス・笠原町出身)も同席し、近況を報告しました。
市長は「ジュニア世代が後に続くよう、夢を与えてください」と二人に期待を寄せました。

三島さん(右)と杉本さん(左)

杉本さん(左)と三島さん(右)

スピードスケート全国大会出場

12月19日、第67回全国高等学校スピードスケート競技・フィギュアスケート競技選手権大会のスピード競技1500mに出場する福原歩(あゆみ)さん(幸町・中京高校2年生)が市長を表敬訪問しました。
福原さんがスピードスケートを始めたのは高校入学からですが、12月に恵那市で行われた岐阜県予選(男子1500メートル)で第4位と好成績を収め、2年連続で全国大会への出場権を獲得しました。
「(長所である)足の長さを生かして、大きな滑りができるように心がけます」と大会への意気込みを語る福原さんに、市長は「良い結果報告を待っています」と期待を寄せました。

2年連続で全国大会への出場権を獲得した福原さん

2年連続で全国大会への出場権を獲得した福原さん

全国高校バスケットボール大会出場

12月19日、第70回全国高等学校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ2017)に出場する宮地大河(たいが)さん(大畑町・美濃加茂高校3年生)が市長を表敬訪問しました。宮地さんは美濃加茂高校バスケットボール部に所属しており、チームが3年連続8回目のウインターカップ出場を果たしました。「スピードとディフェンス」が自身の持ち味と語る宮地さんは今回初めてレギュラーとして出場し、12月23日(土曜日)から東京体育館(渋谷区)で開催される同大会で、チームのPG(ポイントガード)として全国の強豪と競います。

美濃加茂高校3年生の宮地さん

美濃加茂高校3年生の宮地さん

全日本ジュニアチャンピオンシップ空手道大会出場

12月11日、第5回全日本ジュニアチャンピオンシップ空手道選手権大会に出場する市内在住の選手が、市長を表敬訪問しました。
出場する川添倖汰(かわそえこうた)さん(共栄小5年生)と吉田将史(そうし)さん(中京学院大付属中京高通信制課程)は、平成28年10月に開催されたオープントーナメントで出場権を勝ち取り、12月24日に愛知県体育館で全国の強豪との試合に臨みます。
目標は「優勝」と意気込みを語る2人に、市長は「良い結果の報告を待っています」と期待を寄せました。

全日本ジュニアチャンピオンシップ空手道大会に出場する川添さんと吉田さん

全日本ジュニアチャンピオンシップ空手道大会に出場する川添さん(中央)と吉田さん(左)

初の外国人アーティストによる割り箸ピアノ~第35回四季のコンサート

12月8日、駅北庁舎2階多目的スペースで初の外国人アーティストSami Elu(サミエル)さんを迎え、第35回四季のコンサートを開催しました。
サミエルさんは、どこでも演奏ができる楽器として「割り箸ピアノ」を自作し、日本で年間約200本の演奏を行う割り箸ピアノアーティストです。
今回サミエルさんは「Jingle Bells」など8曲を演奏、最後の曲目「上を向いて歩こう」では演奏に合わせて観客も歌い、一緒にコンサートを盛り上げました。
サミエルさんは「割り箸ピアノ」に次ぐ新しい楽器の作成も考えていて、今後も皆さんを楽しませていきたいとのことです。

「割り箸ピアノ」を演奏するサミエルさん

「割り箸ピアノ」を演奏するサミエルさん

素晴らしい演奏と動きで金賞を目指す~マーチングバンド全国大会出場

12月6日、さいたまスーパーアリーナ(埼玉県)で開催される第45回マーチングバンド全国大会に出場する市内在住の選手5人が、市長を表敬訪問しました。
出場選手は美濃加茂高等学校のブラスバンド部「BrilliantMax」(ブリリアントマックス)に所属する内山温人(はると)さん、宇野瑞生(みずき)さん、小栗桃香さん、志村泰斗(やすと)さん、服部伝悟(てんご)さんです。
同部は10月29日に行われた東海大会で優秀な成績をおさめ、全国大会への出場権を獲得しました。今回で3回目の全国大会出場となる小栗さんが「今までの最高の賞は銀賞です。今大会では金賞を目指して頑張ります」と意気込みを語ると、市長は「大会では素晴らしい演奏を期待しています」と激励しました。

第45回マーチングバンド全国大会に出場する5人の選手

第45回マーチングバンド全国大会に出場する5人の選手

全日本ジュニア空手道選手権大会で入賞

12月6日、第11回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会に出場した市内在住の選手が、市長に大会で入賞したことを報告しました。
入賞したのは小池咲代(さよ)さん(小泉小3年生)、と林結乃(ゆの)さん(広見保育園年長)で、2人は11月に幕張メッセで全国の強豪との試合に臨みました。小池さんは小学3年生の部で、林さんは幼児女子の部で、ともに3位入賞を果たし、来年の目標は「優勝」と意気込みを語りました。市長は「スポーツも勉強もがんばって、来年は優勝の報告にきてください」と2人に期待を寄せました。

JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会で入賞した小池さんと林さん

JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会で入賞した小池さん(右)と林さん(左)

最高の技術と最高の車両で地域を守る

12月6日、消防団脇之島分団への消防自動車配属式を開催しました。
脇之島分団では平成3年度に消防ポンプ自動車と小型動力ポンプ付積載車を更新しましたが、今回老朽化に伴い各車両を更新しました。
配属式では市長が伊藤孝博(たかひろ)消防団長に配属書を交付し、消防団長が渡邉一雄(かずお)脇之島分団長に車両を引き渡しました。
市長が「皆さんの最高の技術と最高の車両を活用して、これからも地域を守ってください」とあいさつすると、脇之島分団長は「日々訓練に励み、地域を守っていきます」と意気込みを語りました。

消防団脇之島分団への消防自動車配属式

消防団脇之島分団への消防自動車配属式

全国からランナーが集結~たじみ健康マラソン2017

12月3日、星ケ台競技場を発着点として「たじみ健康マラソン2017」を開催しました。家族連れや最高齢では87歳の方などさまざまなランナーが市内外から1,425人集まり、最も遠方から参加した小針(こばり)りえさん(東京都府中市在住)は「6年振りの参加です。多治見の素晴らしい景色を眺めながら、マラソンを楽しみます」と意気込みを語りました。
当日は家族や友人の応援で駆けつけた方も多くおり、ランナーがゴールすると観客席からは大きな歓声が上がっていました。

たじみ健康マラソン2017

たじみ健康マラソン2017

保護司の活動が認められ法務大臣表彰、藍綬褒章を受章

12月1日、保護司の加藤一一(かずいち)さん(市之倉町在住)が法務大臣表彰を、各務滿子(かかむみつこ)さん(笠原町在住)が藍綬褒章を受章した喜びを市長に報告しました。
保護司とは法務大臣から委嘱された国家公務員で、加藤さん、各務さんは長年にわたる地域の少年犯罪の防止や更生保護活動の功績が認められ今回受章しました。
手助けをした方が社会に更生したときの喜びなどを加藤さんと各務さんが振り返ると、市長は「今まで活動してきたことが認められました。皆さんの努力の結果だと思います」とあいさつしました。

保護司の活動が認められた各務さんと加藤さん

保護司の活動が認められた各務さん(中央)と加藤さん(右)

 

「広報たじみ」が郵便局やコンビニ、スーパー、医療機関、銀行等の金融機関でもお持ち帰りいただけます

お問い合わせ

秘書広報課秘書広報グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1372(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1401・1402・1471・1472

ファクス:0572-24-3679

メール:hisyokoho@city.tajimi.lg.jp