ホタル生息数調査
ボランティア
カワニナ生息数調査
ボランティア
北小木川草刈り
ボランティア 
ホタルの生息数を調べ、保護のための基礎データを得ます。
平成29年6月1日(木)〜7月10日(月)に実施しました。
ホタルのえさとなる、巻貝の生息数を調べます。
平成29年10月22日に実施します。
川沿いの草を刈り、ホタルにとって生息しやすい環境を整えます。
平成29年5月月21日に実施しました。
 

◇北小木川のカワニナ生息数調査 ボランティア募集

「北小木のホタル」を保護するための、基本的なデータを得ることを目的として、ゲンジボタルの幼虫のエサとなるカワニナ(淡水にすむマキガイ)の生息数を調査します。

開催日:平成29年10月22日(日) ※雨天時は10月29日(日)に順延
時 間:午前9:00〜12:00頃まで

 調査内容:北小木川河川敷の14ヵ所の地点で、カワニナが多くいる場所を選び、
      50×50cmのアルミ枠を設置します。
      このアルミ枠内に入るカワニナすべてをバットに拾い上げ、1個体ずつ
      殻の長さを計測し、カワニナ生息数調査用紙に記入して、個体数と殻長
      を調べます。
      バット上のカワニナの写真を撮影後、採集地に放流します。

服装・持ち物:長靴、飲み物、帽子、ぬれてもよい服装
      (調査に必要な道具は、保護センターで準備します。)

申し込み方法:10月20日(金)までに電話またはEメールで

問い合わせ・申し込み先:多治見市文化財保護センター
           電話(0572)25-8633 
          メール hogo-cen@city.tajimi.lg.jp
 


ご参加いただくボランティアの皆様に、心より感謝申し上げます。 


問い合わせ・申し込み先:文化財保護センター
〒507−0071 多治見市旭ヶ丘10丁目6−26
電話(0572)25-8633
FAX(0572)24-5033
メール hogo-cen@city.tajimi.lg.jp
 



TAJIMI CITY ALL RIGHTS RESERVED.
多治見市公式ホームページトップ >部課一覧 >文化財保護センターホームページトップ >ボランティア募集
ボランティア募集 多治見市指定の天然記念物「北小木のホタル」を保護するため、ホタルの生息数調査、ゲンジボタルのえさになるカワニナの生息数調査、ホタルの生息する環境を整えるための草刈りなどのボランティアを、時期に応じて募集します。
文化財保護センターの業務 企画展 文化財講座 アクセス
指定文化財 市内文化財見学情報 デジタルミュージアム 文化財保護センター刊行物
文化財審議会 トップページへ 埋蔵文化財 パブリック・コメント
今年度予算 随意契約結果 文化財保護センター機関誌 各種様式